酒類販売管理研修

酒類販売管理研修のご案内

酒類は、さまざまな特性を有する飲料であることから、酒類を販売する事業者に対しては、未成年者の飲酒防止など酒類の販売管理に対する取り組みが求められています。こうした背景を受け、平成28年6月酒税法および酒類業組合法が改正され、酒類販売事業者は酒類の小売販売場ごとに、酒類販売管理研修を受講した者の中から酒類販売管理者を選任すること及び3年ごとの再講習も義務となり、違反者は免許が取り消しになります。(平成29年6月までに施行)

なお、「酒類販売管理研修」は、どなたでも受講することができます。当協会の研修は、初回・再受講の区別が無く共通の内容となっております。当ホームページよりお申し込みください。

一般社団法人日本ボランタリーチェーン協会は、平成15年9月28日に「酒類販売管理研修実施団体」としての指定を受け、酒類販売管理者向けの「酒類販売管理研修」を実施致しております。受講をご希望の際は以下をご覧頂き、協会事務局までお申込み下さいますようお願い申し上げます。

企業様向け個別研修に対する講師の派遣のご案内

酒類販売管理研修のご案内

1.個人情報の管理
(社)日本ボランタリーチェーン協会(以下、当協会といいます。)では、当協会の主催する「酒類販売管理研修」にお申込、受講されたお客様の個人情報は厳重に管理しております。
2.お客様情報の利用について
当協会では、受講者の個人情報を、酒類販売管理者の管理、国税庁への登録以外の目的に使用する事は一切ございません。
3.情報提供等について
今後、受講者よりのご要望がない限り、更新時期、制度、及び法の改正等の情報は所轄の税務署より連絡するものと致します。
4.個人情報の開示について
当協会では、お客様の同意がない限り、お客様情報を第三者に開示することはありません。また、個人情報の内容開示のご請求があった場合は速やかにお知らせ致します。

このページのTOPへ